カテゴリー別アーカイブ: 雑記

Xperia Z買い換え

Xperia Zを購入してから、はや2年。購入当初は両面に保護シールを張り、落とさないようにストラップを付け、鞄に入れるときはケースに入れ・・・と、宝物のようにXperiaを扱っていた。

そんな箱入り娘状態のXperiaも、今は昔。

月日が経つにつて、ストラップが切れ、鞄に裸で放り込まれるようになり、保護シールは剥がされ、赤ん坊に齧られ、スキー場で落として行方不明になり、奇跡的に発見され、数多の苦難の道を歩んできた。

続きを読む Xperia Z買い換え

スマートフォン 保護シートの必要性について

ピカピカの新品は、いつまでもピカピカの状態で使いたいもの。

あまり意味はないかもしれないと思いつつ、ついついスマートフォン購入時に、一緒に保護シートを購入してしまう。Xperia Zの時も、購入後に速攻で保護シートを貼り付けた。
続きを読む スマートフォン 保護シートの必要性について

Galaxy S6とZenfone 2についての小考

2015年4月、SamsungからGalaxy S6が、ASUSからZenfone 2が発売される。
この二つのスマートフォンは、目指している方向が大きく違う。
Galaxy S6は、14nmプロセスを採用した最新の8コアCPUを搭載、カメラは1,600万画素で光学手ブレ補正あり、ワイヤレス充電にも対応している。現時点での最高の技術を結集したスマートフォンだ。
一方、Zenfone 2は、一言で言うと“そこそこのスマートフォン”。メモリーは4GBと大容量だが、CPUはIntel Atom、カメラも1300万画素、写りもそこそこ、デザインもそこそこ。全体的に悪くはないが、Galaxy S6と比較すると、ほとんどの点で劣っている。

しかし、Zenfone 2はGalaxy S6に比べて、圧倒的に優れている点が一つある。それが、コストパフォーマンスだ。おそらく、Zenfone 2によりASUSは大成功を収め、SamsungはGalaxy S6で手痛い失敗を被るだろう。そして、Zenfone 2の成功とGalaxy S6の失敗は、今後のスマートフォンの歴史的転機となるはずだ。

続きを読む Galaxy S6とZenfone 2についての小考

京都旅行、レオナルド・ダ・ビンチ展:芸術についての一考

SONY DSC

僕は普段、芸術というものには、とんと興味がない。機能さえ良ければ良い。外見はどうでも良い。

と考えているが、昨年の京都旅行や東京都美術館のレオナルド・ダ・ビンチ展へ行き、また一つ考えたことがあるので、ここに留めておく。

続きを読む 京都旅行、レオナルド・ダ・ビンチ展:芸術についての一考

京都旅行:顔面についての一考

先日、京都旅行に行ってきた。今まで何回か京都駅に行っていたから、なんとなく行っている気がしていたけれど、実は観光で京都へ行くのは、人生で初めて。八坂神社、建仁寺、清水寺、銀閣寺、哲学の道、寺町通、錦市場と、色々見てきた。

さすが日本有数の観光地だけあって、どこも多くの観光客で賑わっていた。特に多かったのは、修学旅行で来ている、中学生・高校生の数。修学旅行のシーズンなのか(行ったのは6月中旬)、駅に行っても、寺に行っても、店に行っても、どこに行っても、若い中高生で溢れていた。一泊二日の旅行だったが、散々中高生を見て、一つ考えたことがあるので、ここに控えたい。

続きを読む 京都旅行:顔面についての一考