ショートカットを開く際、警告を出さないようにする

link folder特殊な使い方かもしれないが、自分の場合、タスクバーにリンクフォルダーを作り、そこから各種アプリケーションを実行している。

その際、警告ダイアログ(開いてるファイル – セキュリティの警告)が出ることがある。アプリケーションを実行する度にダイアログに対応するのは、この上なく面倒くさい。レジストリを変更して、警告を出さないようにする方法を記載する。

以下のファイルを実行して、レジストリを変更する。

open file warning.reg

Windows Registry Editor Version 5.00
[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Associations]
“LowRiskFileTypes”=”.zip;.rar;.nfo;.txt;.exe;.bat;.com;.cmd;.reg;.msi;.htm;.html;.gif;.bmp;.jpg;.avi;.mpg;.mpeg;.mov;.mp3;.m3u;.wav;.lnk;.xls;.xlsx”

低リスクのファイルタイプにexe(実行ファイル形式)を追加するのは好ましくないが、利便性との兼ね合いなので仕方がない。利用は自己責任で。事前にアンチウイルスソフトの導入をお勧めする。

Windows 8.1で動作確認済み。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です