Galaxy S6とZenfone 2についての小考

2015年4月、SamsungからGalaxy S6が、ASUSからZenfone 2が発売される。
この二つのスマートフォンは、目指している方向が大きく違う。
Galaxy S6は、14nmプロセスを採用した最新の8コアCPUを搭載、カメラは1,600万画素で光学手ブレ補正あり、ワイヤレス充電にも対応している。現時点での最高の技術を結集したスマートフォンだ。
一方、Zenfone 2は、一言で言うと“そこそこのスマートフォン”。メモリーは4GBと大容量だが、CPUはIntel Atom、カメラも1300万画素、写りもそこそこ、デザインもそこそこ。全体的に悪くはないが、Galaxy S6と比較すると、ほとんどの点で劣っている。

しかし、Zenfone 2はGalaxy S6に比べて、圧倒的に優れている点が一つある。それが、コストパフォーマンスだ。おそらく、Zenfone 2によりASUSは大成功を収め、SamsungはGalaxy S6で手痛い失敗を被るだろう。そして、Zenfone 2の成功とGalaxy S6の失敗は、今後のスマートフォンの歴史的転機となるはずだ。

続きを読む Galaxy S6とZenfone 2についての小考

アウトドア用品の管理

昨年から、突如としてアウトドア用品に凝り始めた。以前から時折購入することはあったが、昨年はサイクリング・スキー・スノーボード用に、ベースレイヤー・ミドルレイヤー・ソフトシェル・ハードシェル・パンツetcetcと、とにかく買いまくった。合計金額を出すのが恐ろしくなるほどだ。

今までは、スキー・スノーボードのレイヤリングを考えるために、アウトドア用品をテキストファイルで記録していた。しかし、アイテムが増えて編集が面倒になってきたのに加え、もう少し詳しい情報(金額、サイズなど)も追加して管理するため、管理方法をテキストからエクセルに変更した。

続きを読む アウトドア用品の管理

財政破綻責任者の問題

統計にもよるが、ざっくり言って、平成25年度の日本の財政は、

借金(負債) 1100兆円
収入(税収) 47兆円
借入(国債) 45兆円
支出 92兆円

となっている。
支出の半分近くを借入(国債)で補い、借金が増え続けている状況だ。

ここでは細かい議論は省くが、いずれ政府の財政が立ちゆかなくなること、つまり財政破綻することは避けられない、と僕は考えている。

このまま借金が増え続ければ、必ずどこかの時点で破綻する。だが、いつ破綻するかは分からない(Avalanche theory)。借金を減らせれば良いが、残念ながら抜本的な改善は望めない。
財政破綻は必定。実質的には既に財政破綻している、とも言える。

続きを読む 財政破綻責任者の問題

世について、色々考えること