CtrlとCaps Lockを入れ替える

Ctrlキーは使用頻度が非常に高い割に、押しにくい位置にある事が多い。特に、Ctrl+Qとか、押しにくくて仕方がない。そのため、あまり使わないCaps Lockキーと入れ替えて使用している。
以前まではレジストリを直接弄っていたが、PCを入れ替えたついでに、Ctrl2capというソフトを使用する方法に変更した。

手順

  1. Windows SysinternalsのCtrl2capというソフトをダウンロードして、ファイルを解凍する。
  2. コマンドプロンプトを管理者権限で実行する(Windowsキーを押して、”cmd”と入力、右クリックで”管理者として実行”を選択する)。
  3. コマンドプロンプトにて、Ctrl2capを解凍したフォルダに移動して、”ctrl2cap /install”を実行する。ダイアログが出てくるので、”Agree”を押す。
  4. “Ctrl2cap successfully installed. You must reboot for it to take effect.”と表示されれば、完了。
  5. その後、Windowsを再起動する。
  6. インストールしたら、元のファイルは削除してもよい。
  7. アンインストールする場合には、”ctrl2cap /uninstall”を実行する。

Windows XP以降で動作確認。Windows 8.1でも大丈夫だった。


ちなみに、以前のレジストリを弄るやり方では、以下のファイルを実行して、レジストリを変更する。

ctrlcaps all.reg

Windows Registry Editor Version 5.00
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layout]
“Scancode Map”=hex:00,00,00,00,00,00,00,00,03,00,00,00,1d,00,3a,00,3a,00,1d,00,\
00,00,00,00

ファイルを実行後は、Windowsを再起動する。Windows 8.1でも動作確認済み。


なお、Windows 8.1タブレット(Lenovo Miix 2 8)では、Ctrl2capをインストールすると不具合が生じる(Bluetoothキーボードが無効になる、ホームボタンが無効になる等)ため、2番目のレジストリを変更するやり方を採用している。

「CtrlとCaps Lockを入れ替える」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です